人気ブログランキング |

劇団岸野組 稽古場日記


次回公演「付喪、転じて仇となる」情報公開しました!

嵐が過ぎ去り猛暑が戻って参りましたね。
皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか。
さてさて、暑さを吹き飛ばす岸野組からのお知らせです!

「付喪、転じて仇となる」
ついに情報公開です!
気になる詳細は…
------------------------------------------
2019年12月4日(水)~12月8日(日)
於:六本木 俳優座劇場

<出演>
※一部Wキャスト
岸野 幸正・飯塚 雅弓・寺崎 裕香
新田 恵海(WキャストA)・雛形 羽衣
美波 わかな・土屋 神葉・中 友子
上岡昌雄・中村美緒・馬渕茜
志賀克也・山路清子・奥戸裕子
味元康浩・宗金英里子(WキャストB)・手島祐香
------------------------------------------
え?どんなあらすじかって?
それは…なんと……!

次報をお待ち下さい!!


# by kishinogumi88 | 2019-09-10 15:07


「悪(わる)〜この男悪につき、ご容赦願います〜」公演情報

劇団岸野組6月公演
(わる)〜この男悪につき、ご容赦願います〜』


2019年6月12日(水)〜16日(日)
下北沢・本多劇場

公演スケジュール:
6月12日(水)15:00
6月13日(木)19:00
6月14日(金)19:00
6月15日(土)15:00
6月16日(日)15:00

出演:
岸野幸正/國府田マリ子/飯塚雅弓/福原香織/小田久史/奏谷ひろみ/片山隆/真島迅/志賀克也/山路清子/奥戸裕子/中村美緒/岡田有紀/馬渕茜/味元康浩/手島祐香/宗金英里子

スタッフ:
台本:観世桂男/演出:岸野幸正
音楽:星出尚志/美術:皿田圭作/照明:日高勝彦(日高舞台照明)/音響:清水吉郎/かつら:太陽かつら/宣伝美術:イノリユキエ(hype LLP)/大道具:大倉正章/衣裳:岸野組衣裳部/舞台監督:住石藍
企画製作:劇団岸野組1990プロジェクト

<あらすじ>
満開の桜の下
男が<悪>に堕ちて行く
坂を転がる石の様に
それは はまれば出れぬ底なし沼
誰の為なのか 何の為なのか
そして男の行き着く先は・・

チケット:【全席指定】
前売:5,500円
当日:6,000円
ペア券:10,500円 ※
高校生割引:3,000円 ※
※ペア券・高校生割引は劇団への直接予約のみ取扱

チケット取り扱い:
劇団岸野組 048-442-2187
(HP内にチケット予約専用メールフォームあり)

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:493-668)
Confetti(カンフェティ)0120-240-540(オペレーター対応 平日10:00~18:00)
本多劇場 03-3468-0030(窓口販売のみ 電話予約不可)


お問い合わせ:
劇団岸野組 048-442-2187(11:00〜18:00)


# by kishinogumi88 | 2019-06-16 23:59


明日から本多劇場!

皆様、岸野組ブログをご覧頂き誠にありがとうございます!
ツイッター担当の手島です180.png162.png


ついに、本日最後の稽古を終えました。
今までコメディ主体のミュージカルや時代劇をやってきた岸野組としては、
異色の作品となる『悪 〜この男悪につき、ご容赦願います〜』。

「悪」にスポットを当て、人間の「業(ごう)」をまざまざと描き出す今作は、
岸野組の新境地を切り開く挑戦作となっております。

そのため、普段の稽古も座長の演出に対し役者陣がただ応えるだけではなく、
熱い意見を座長と交わしながら皆で作り上げて行く光景が多々見られます。

稽古が終わった後も、役者同士で芝居に対しこうした方が良い、次はこうしよう、と話し合う風景はとっても新鮮であり、また刺激的です。

まだ本番が始まってもいないのに、こんな素敵な舞台に役者として関われて幸せだなあと感じてしまいます110.png




そして荷積みも終わり、遂に明日から劇場入り!!
明後日にはゲネプロがあり、12日にはついに本番を迎えます!!!


稽古の最後に座長がみんなに

「幕が開いたら舞台はもう演出ではなく役者のもの。失敗を怖れず、思い切りやってください。」

という言葉をくれました。
その言葉を胸に、キャスト全員お客様に想いが届くよう全力で挑みたいと思います177.png
皆様のご来場、心よりお待ちしております!!!

それでは、いってきま〜す!!!

明日から本多劇場!_e0091114_20423886.jpg

# by kishinogumi88 | 2019-06-09 20:46


1週間が速い気がします

1週間ぶりです。おかっきぃこと岡田です。

■稽古も佳境に入り、毎日があっという間に過ぎて行きます。
イケメン男子道具班も大きなものは作り終えて今は細かい直しと、小道具に追われております。

■今回の写真、この温和そうなナイスミドル、、、、皆さんはもしかすると初めて見るかもしれません。
このお方こそ岸野組の美術で長くお世話になっております、皿田圭作先生です!ジャジャーン!

毎回、台本の世界観とセットの絵を岸野さんとすりあわせて形にされます。
そしてその形を我々劇団員が「どうやって作るんだ!?うわぁぁぁん!!」と泣きながら作ります。
そしてそして四苦八苦しながらできたセットに皿田さんが絵の具でちょちょいと魔法をかけるとあら不思議!

なんということでしょう、素敵な舞台セットの完成です。

さらさらと流れる筆は、さすがプロの仕事だと思い知らされます!
1週間が速い気がします_e0091114_19150883.jpeg
# by kishinogumi88 | 2019-06-02 19:41


作家インタビュー!

急に夏がやってきましたね!
何となくわくわくしてしまう馬渕です106.png

さて本日は、ブログではレアな作家の観世さんの登場です177.png
ブログのために特別にインタビューに答えて頂きました。

------------------------------

Q:今回の物語はどのような発想で出てきましたか? & 楽しみにしているお客様へ一言お願いします。

A:岸野組の台本の作り方って、いくつかパターンがありまして、

①岸野さんからテーマだけ発注される場合(弥次喜多シリーズとか)
②自分の思いついたストーリーを岸野さんにプレゼンする場合(モトイヌとか)
③岸野さんが断片的なイメージを持っていて、その断片を繋ぎ合せてストーリーにする場合(夢盗人・石川五右衛門とか)

があるんですが、今回は③番。岸野さんにかなり明確なシーンのイメージがあったので、それを活かせるストーリーを考えるのも、かなりやり易かったのですね。自分的には、納得行く芝居になりました。
三遊亭圓朝の鰍沢には、及ぶべくも無いですが、岸野組流三題噺、お楽しみいただけましたら幸いです。
(観世桂男)

------------------------------

ということで、今回は座長のイメージから物語が出来上がったんですね。
岸野組流三題噺なんて粋な言い回しが出来るのもさすがです。
観世さん、ありがとうございました!

# by kishinogumi88 | 2019-05-28 18:28

    

劇団岸野組の稽古場日記です!!
by kishinogumi88